2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホラー映画ベストテン!
 明日は衆院選ですね。
 昨日、通勤途中に迷惑な場所に駐車してる選挙カーが後ろの車からクラクション鳴らされてて。
 それに対して選挙カーが「クラクションを鳴らしての応援ありがとうございます。」なんてわけのわからないことを大声で言ってるもんだから、当事者でもないのにかなりイラッときたごえじでございます(。-`ω´-)ウス。
 感覚がおかしいとしか思えないすなー。イライラ。

 そんなこんなですが。
 僕はwashburn1975さんのブログ『男の魂に火をつけろ!』で開催されています、「ホラー映画ベストテン」という企画に僭越ながら投票させていただこうと思いますよ。
 集計等大変だと思いますが、どうぞよろしくお願いしますヽ(*´∀`)ノ。

 それでは早速。
 僕のホラー映画ベストテンを一気に発表させていただきます!!
 ドリャッヽ( ´¬`)ノフアァァ


 【ホラー映画ベストテン】

 1位:ソウ (2004米、ジェームズ・ワン監督)
 2位:シャイニング (1980米、スタンリー・キューブリック監督)
 3位:ショーン・オブ・ザ・デッド (2004英、エドガー・ライト監督)
 4位:スクリーム (1996米、ウェス・クレイヴン監督)
 5位:ドーン・オブ・ザ・デッド (2004米、ザック・スナイダー監督)
 6位:REC/レック (2007西、ジャウマ・バラゲロ、パコ・プラサ監督)
 7位:ディセント (2005英、ニール・マーシャル監督)
 8位:ファイナル・デスティネーテョン (2000米、ジェームズ・ウォン監督)
 9位:ザ・フライ (1986米、デヴィッド・クローネンバーグ監督)
 10位:ミスト (2007米、フランク・ダラボン監督)


 以上!以下ざっくり感想を。

 そもそも僕はホラー映画苦手だったんですよ。
 もともと子供のころは、ゾンビのポスターをはじめとするホラー映画のポスターを見てはビクビクしたたんですよ。そんな僕にトドメをさしたのが9位『ザ・フライ』。家でバーベキューをしてたんですけどね、その時なぜかテレビで『ザ・フライ』が流れてて。(今思えば、ビデオだったのかなー)もう、気持ち悪くなって、食事の途中だったんですけど、全然食べられなくなったんですよねー、特に肉。そんなこんなで軽くトラウマになっちゃってて、ホラー映画って聞くだけで避けてきたんですよ。レンタルビデオのホラーコーナーに近寄るのも嫌だってくらいに。

 そういえば、もうひとつトラウマになってる映画で、「墓場で裸の女の人が人を襲ったりしてて、最後にミサイルみたいなの落とされて固まって死ぬ」っていうのがあったんですけど、うーん、なんだったんだろう。

 ただ、そんなトラウマを振りはらってくれたのが4位『スクリーム』。これは面白かったですねー。ホラー×青春×ちょっぴり謎解きっていう、たまらん方程式にどっぷりハマってしまいました。これのおかげですこーしずつですが、ホラーを観るようになったんです。同時期で言うと、『ラストサマー』(ジェニファー・ラブ・ヒューイット!)とか、『パラサイト』とか、『ルール』とか面白かったですよねー。
 とはいえ、やっぱりホラー自体が完全に好きなわけじゃなくって、今でも「グロいの」と「日本産」は全く駄目なんです。だって怖いんですもん。そんなわけで、基本的には『スクリーム』以降で怖すぎないもの(いいのか?)なベストテンになってるかと思います('-'*)エヘ。

 1位の『ソウ』は凄く面白かったですね。映画を観て鳥肌が立ったのは初めてでした。このあとも、あーめんどくせーなんて思いながら、結局最終作まで観る羽目に。早く宇宙版のソウを作ってくれないですかねー。
 子供が三輪車に乗ってるだけで怖いっていう2位の『シャイニング』も負けず劣らず素敵。
 3位の『ショーン・オブ・ザ・デッド』は、コメディ色が強いからどうしようか迷ったんですが、やっぱり抜群に面白いし大好きな映画なので入れてみました。コメディーでは、『タッカーとデイル史上最悪にツイてないヤツら』が次点くらいかな。
 5位、6位、7位、8位はいずれも観ててムムムと唸ってしまう面白さ。甲乙つけがたくもあるんですが、なんとなく好みの順に並べてみました。
 10位の『ミスト』は、実は全く好きではない映画なんです。というか、観てて全然面白いと感じなかったというか。ただ、ラストシーンだけが抜群に良い!これだけでベストテンに入れてしまいました。

 そんなこんなでなんとか10本選んでみました。
 今年も楽しいホラー映画が観れるといいなー( ´¬`)グヘヘ。


【追記】
 ホラー映画ベストテンの結果発表がありました!
 結果はコチラ⇒「ホラー映画ベストテン・結果発表
 これを見ていると、「あーこんな映画あったなー」とか、「怖くて苦手そうだわー」とか、「これ見逃しちゃってるなー」とかなんだか楽しいですねヽ( ´¬`)ノ。
 そういえば、10位の「CURE」は滅茶苦茶怖かったなー。

 ワッシュさん、お疲れさまでしたー(ゝc_,・。)。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

UFCが来るよ。という話
 なんだか、いよいよ今年もあとわずかですね。
 ようやく年を越せそうな目途が立ち始めたごえじでございます(。-`ω´-)ウム。

 ところで、僕のこのブログなのですが。
 「(仮)アナコンダチョーク★」という名前でお気づきの方はお気づきかと思いますが、実は僕、総合格闘技を観るのが大好きなのですヽ(*´∀`)ノイェイ!!
 ちなみにご存知のない方のためにご説明いたしますとね、「アナコンダチョーク」ってのは総合格闘技の技の名前で、腕を相手の首にぐいーっとからめて反対の腕でくいっとロックして、ごろっところがるとぐぐぐぐと首が閉まるって技なんです。はい。

 とはいえ、このブログは映画がメインで、あんまり格闘技のことを書くつもりはなかったりするんですけど、それでも格闘技ファンの端くれとして胸を踊らさずにはいられないイベントがやってきます。

 そう!

 UFC日本大会が2013年3月3日に開催されるのです!ヽ( ´¬`)ノウェイ!!!

 詳しくはこちらから!!
 http://jp.ufc.com/news/UFC-Japan-2013

 実は、今年もUFCの日本大会がありましてね。
 その時は、大分からはるばるさいたまスーパーアリーナまで観に行ったんですよー。
 もう、テレビで観てるUFCそのままの世界観が目の前で繰り広げられててテンションあがりまくりんぐ。
 個人的に、「PRIDEを観に行きたかった」っていうもう叶わないちょっとした夢を持ってたもんだから、クイントン・ランペイジ・ジャクソンがPRIDEのテーマで入場してきたときなんか、もうテンションあがりまくりんぐどころじゃないあがりまくりんぐでしたよ、もう。
 それに目の前でチャンピオンシップを観れたのも感動でしたねー。

 来年はちょっと観にいけそうもないんですけど、ヴァンダレイ・シウバの試合も予定されているようで、盛り上がること間違いなさそうですよー。いいなー、観にいける人はー。

 総合格闘技に全く興味のない方に、いきなり日本大会を観に行ってみては?なんておススメするのは到底無理があるんですけど。
 せめてWOWOWに入ってる方で、総合格闘技を観たことがない方には、是非、UFCを観て欲しいなーなんて思っています。
 12月30日に面白い試合がありますよ、がっちりヘビー級の。
 ちょっと前まで年末に地上波でイマイチ盛り上がらない総合格闘技をやってる時期もありましたけど、今のUFCはそれと比較にならないくらい面白いですよー。

 そんなわけで、なんだかうまく説明できてない感バリバリですが、総合格闘技のおススメでした('-'*)エヘ。



 前回の日本大会のDVD!

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

SHERLOCK / シャーロック
 最近、映画を観る本数が少し減ってるんです。
 なぜなら・・・

SHERLOCK / シャーロック [Blu-ray]
角川書店 (2012-07-06)
売り上げランキング: 1279

 『SHERLOCK / シャーロック』を観てたからですヽ(*´∀`)ノイェイ!!

 そして・・・

SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray]
角川書店 (2012-10-05)
売り上げランキング: 848

 引き続き『SHERLOCK/シャーロック シーズン2』を観てたからですヽ( ´¬`)ノドゥエイ!!

 海外ドラマにがっつりハマってた時期はあったんですけどね、がっつり時間がもってかれて、映画を観る本数が減っちゃうんで、最近は遠ざけてたんですけどね。
 『SHERLOCK/シャーロック』は面白いです!
 思いっきりハマってしまいました(*´▽`)フフ。

 ご存知、名探偵シャーロック・ホームズと助手のワトソンのお話なんですけどね、原作は1880年代が舞台なのに対し、このドラマは現代に舞台を移して描いてるところが面白いんです。
 ホームズはスマホ片手に情報を収集し、ワトソンはブログでホームズの活躍を世間に知らしめる。
 僕はあまりホームズに詳しくはないんですけど、原作を面白い具合に現代に置き換えてるので、詳しい人はもっともっと楽しめるんじゃないかな。

 そして、何よりもホームズ役のベネディクト・カンバーバッチとワトソン役のマーティン・フリーマンの掛け合いがとにかく心地いいんです。
 唸っちゃうくらい頭が良い半面、とんでもなく偉そうで、人のことなんて考えてなくて。そんな、どこか近寄りがたい雰囲気がありつつも、ベネディクト・カンバーバッチがどこかいたずらっ子のような魅力をふりまきながら演じているホームズは観ているだけでウキウキしちゃいます。
 我らが「凡人」代表ワトソン(いや、ほんとはワトソンは凡人の中では飛び抜けて優秀なんだけど)を演じるマーティン・フリーマンは、そんなホームズを温かく見守りつつも、「普通の感覚」を説得力のある演技で見せながら、ホームズを引きたてています。
 そんな2人のやり取りは、推理なんてそっちのけで、観ているだけで楽しくなってきます。

 そんなもんだから、個人的には、アイリーン・アドラーやモリアーティ教授に焦点が当たるシーズン2より、無邪気に2人がキャッキャウフフしてる(語弊あり)シーズン1の方が好きかなー。
 どちらも抜群に面白いんですけどね。

 1シーズン3話で、1話90分。
 もうちょっと長くこの2人を観ていたいので、ゆっくりでいいからこのドラマは続けていって欲しいなー。
 ただ心配なのは、この2人が売れに売れちゃってること。
 ベネディクト・カンバーバッチは出演映画が続々だし、マーティン・フリーマンに至っては『ホビット』の主役ですもんね!
 早速、シーズン3は撮影が延期になったみたいですよ('ω'*)トホホ。



 原作。『SHERLOCK / シャーロック』第1話は、「ピンク色の研究」。フフ。
 

 くー欲しい。そういえば、そろそろクリスマ・・(チラッチラッ


 1986年の映画。子供のころ観て、すごく好きで続編を心待ちにしてたっけなぁ・・・(遠い目。


 おしまい( ´¬`)。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

漫画の話とか
 大分トリニータ、J1昇格万歳!
 いやー、良かったですねー。
 色々と問題の多いクラブで、辛いことも多かったですけど、ついにJ1に戻ることができましたねー。
 僕はイザコザが嫌になってしばらく離れてたんですが、来季は応援しようと思いますよー。
 がんばれーo(`ω´*)o!!

 それはそうと。
 最近、片づけなどをしてましてね。
 買ってからしばらく積んでいたマンガを読んだんでちょっと紹介をしてみようと思います。

KEYMAN
KEYMAN 3 (リュウコミックス)
わらいなく
徳間書店 (2012-09-13)

 ロックヴィルシティのヒーロー『キーマン』が殺されて、その犯人を警部アレックスと少女のネクロが追いかけるというお話。
 アメコミ風でもあるんだけど、活躍するのはヒーローではなくて、あくまでヒーロー殺害の事件を追うのがメイン。
 ちょっとお話の進みが遅いかなー、獣人とかが同居する世界感もあまり好みではないかなー。
 濃いめの迫力満点な画風は好きなんだけど、この巻で追うのはやめようかな、と思ってます('ω'*)。


狼の口 ヴォルフスムント

 なんか、「ヴォルフスムント」って響き、妙にカッコいいですよね(゚m゚*)。
 14世紀初頭のアルプス地方が舞台で、イタリアへと通じる峠には、非情な番人が守る関所、通称「狼の口」ってのがあって、そこでのお話なんです。で、その関所で閉じ込められてる人たちがいて、なんとかその関所を通り抜けようとする人たちがいるんですけど、この番人がなかなかキレ者でなかなかうまくいかないんですよ。(いや、なんというか歴史っぽい感じって苦手で、イマイチ理解できてないんですよ、すみません;)
 凄く鬱展開なマンガです。
 関所を抜けようとして、少し希望が見えたかのように思えては番人に完膚なきまでに踏みつぶされる。
 結構、残酷な展開が繰り返されるので、苦手な人には苦手かも。
 僕も得意ではないんですけどね、読んでるうちに、今度こそ、今度こそ、といつのまにか応援しちゃってるんです。
 4巻目でお話もだいぶ動き出したのですが、今度こそ希望が本物でありますようにッヾ(。`Д´。)ノオネガイ!
 苦手な方も多いジャンルだと思うんですが、興味のある方にはおススメですよー。


ブロードウェイ・オブ・ザ・デッド 女ンビ ―童貞SOS―

 いやー、ひどい、これはひどい。
 ある日、女性のほとんどが「女ンビ(ジョンビ)」になって男を襲い始めるんです。
 一方、襲われた男は「ゾンビ」になって暴れ出すんです。
 そんな世界で、引きこもりの主人公が家から一歩踏み出して、逃げ回るんです。
 もうね、良くわからん設定です。
 それに主人公はものすごくボンクラで、こんなときでもイヤラシイことばっかり考えてて、まったく感情移入できないんです、嫌な奴だし。パンツもズボンもはいてないし。
 でもなんですかねー、それがいいんですよねー。
 おバカなツマランB級映画をニヤニヤしながら観てる感じと言うか、なんだかかんだ言ったって好きになってきちゃうんですよねー。
 ただし、ひどい漫画なんで女性にはお勧めしません、男子のみヽ( ´¬`)ノネ!!。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

2010年ベスト3
 以前、「2011年ベスト3」って記事を書いたんですが、楽しかったので引き続き2010年の僕的ベスト3を。
 振りかえりは一応、今回で最後です。

3位 インセプション

インセプション [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-07-20)
売り上げランキング: 4871

 人の夢の世界に入り込んで、その世界の更に深いところに入り込んで、なんやかんやする話。
 設定が複雑で、前半はお話に何とかついて行くのが精いっぱい。
 でも、最後にかけてのたたみかけは圧巻でしたねー。さすがクリストファー・ノーラン。
 個人的には、もともとこの映画って興味なかったんですけど、twitter上でザワザワと考察が始まってるのを観て、これは観なきゃとあわてて観に行ったのが新鮮な経験でした(゚ー゚*d)。


2位 (500)日のサマー

(500)日のサマー [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-12-23)
売り上げランキング: 9375

 『インセプション』にも出てたジョセフ・ゴードン・レヴィットとズーイー・デシャネルの恋模様が愛おしいやら苦しいやら。
 時間軸をうまいこと操って、物語を盛り上げてるところも楽しかったですねー。
 「運命の恋」なんていう、ちょっとほろ苦なテーマも素敵。


1位 オーケストラ!
オーケストラ! [Blu-ray]
オーケストラ! [Blu-ray]
posted with amazlet at 12.11.18
Happinet(SB)(D) (2010-11-04)
売り上げランキング: 17922

 天才指揮者とまで呼ばれたが、今は劇場清掃員として働くさえない中年男の物語。
 いやー、これはいいですよ、ほんとに大好き。おススメです(゚ー゚*d)。
 それにショシャナ(メラニー・ロラン)可愛いよ、ショシャナ。
 ストーリーもお約束はありつつ、ちゃんとヒネってるところもあって、一筋縄ではいきません。
 やっぱり、映画って、観終わった後楽しい気分にならなきゃね('-'*)エヘ。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

プロフィール

ごえじ

Author:ごえじ
 はじめまして、ごえじと申します。
 詳しくないんですけど、日々観てる映画を忘れないように、映画のことをうっすらと書いていきます。
 あと、山とかボードゲームとか。
 宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
twitter
Steamカード
Steam ID
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
メールフォーム
ご意見・ご感想はこちらからよろしくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
538位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。