2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢売るふたり
夢売るふたり ★★★☆

夢売るふたり オリジナル・サウンドトラツク
モアリズム
BounDEE by SSNW (2012-08-22)
売り上げランキング: 39915


 東京の片隅で小料理屋を営んでいた貫也(阿部サダヲ)と里子(松たか子)は、火事で全てを失ってしまいます。
 再出発のために必要なのは、お金。
 しかし、お金のめども立たず、途方に暮れる二人は、ひょんなことから結婚詐欺に手を染めることになります。

 『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』と、傑作を撮り続けてきた西川美和監督の最新作!

 細かいディテールをとことん突き詰めて、そして丁寧に描く西川節は相変わらずで、やっぱりその迫力に圧倒されちゃいますね。 
 今までの作品と同様に「ウソ」をテーマにしながら、今回は初めての「男と女」を中心に描くとあって、「うわ…生々しくなりすぎるんじゃ…」とちょっとビビってたんですが、そこはさすが。独特のユーモラスな雰囲気があって、エンターテイメントとしてもシッカリ楽しく観ることができました。

 でもね、少し今回はキレがないな・・・なんて思ってしまったんです(ノ_-。)。

 平穏な生活を送っているのに、ほんのちょっと波風が立ち始めて、どんどん波が荒くなってくる。登場人物もその波に翻弄されながら、グワングワンと心が揺れ始める。不安になって観ていると、最後にはこれ以上ないところにスパッと着地して見せる。
 西川監督の映画ってそんなイメージがあったんですが、僕としては今回はちょっとラストが理解できなかったかな…。そもそも、主人公の阿部サダヲ演じる貫也のことを全くもって好きになれなかったので、ずーっと映画を見ている間じゅう、彼の行動に???となっていました。
 貫也が結婚詐欺のため、何人かの女性と関係を持つようになって、女性ごとに色々な世界を貫也が経験していくんですけど、貫也がいまいちなので、女性ごとの話の間がつながってないように見えるんですよね。
 そこがちょっと残念なところでした。

 でも、あれですね。
 詐欺をする相手の風俗嬢役の安東玉恵とウェイトリフティング選手役の江原由夏は凄かったですね。
 演技も凄かったし、この2人の役を配置するあたり西川監督って意地が悪いというか、とんでもない観察眼を持ち合わせているというか。

 なんだかんだいって、不満点はあるものの、この映画も、やっぱり凄い映画だとは思うんです。
 もし、西川監督の映画を観たことがない方がいたら、是非観て欲しいなー(とはいえ、一番最初に観るのはこの映画にしない方がいい気もしますが)。

 僕は僕で映画を観ることしかできないんですが、これからも西川監督を応援しておこうと思いますヨーヽ(*´∀`)ノ。





 以下ネタばれです。







 貫也はずるい。
 ずるいうえに酷い。

 だから、最低なヤツだとと思うんです。

 貫也が里子に文句を言うシーンがあります。
 一つは、江原由夏演じるウエイトリフティング選手のひとみを騙そうと食事をしているときに、ふと里子が「彼女はちょっと…私が男でも無理だわ。(外見的に)」といった際に、「その考え方は酷い」と貫也が嗜めるシーン。
 それと、予告でも流れていた、お金が足りないという里子に対して「お前はね、女ん人のことも、その女の股ぐらに顔を突っ込みよる俺んことも、なぶり殺しにしてやりたいっちゃろ。」と文句を言うシーン。

 いやいやいやいや。

 もし、ウエイトリフティング選手のひとみのことを本当に思うんだったら、そもそも詐欺をするなよ、と。
 ひとみのことを思って、騙すのをやめる、という選択肢もあるのに、それをしない。
 結局、詐欺に巻き込む。
 でも端々で、ひとみを思いやるようなことを言って、どこかいい人でいようとする。
 ずるい。

 里子に文句を言うシーンだってひどい。
 そりゃそうだよ。
 もともとは、里子が計画をし始めたことだったとしても、思い入れたっぷりに貫也が相手の女性のことを話すもんだから、里子だって気分がいいわけないよ。
 それに、里子のことを思ってやめることだっていつでもできたんだ。
 それなのにそれをせず、里子のことを酷くいうなんて、ほんとに貫也は酷い。

 そもそも、最初は里子が主導で動いていたけど、途中から貫也が自ら相手を探し始めてたじゃない。
 隅田川沿いに店を構えたいといって、大きなことを言い出したのは貫也じゃない。
 いくら計画を里子が練っていたとしても、実際に騙していたのは貫也じゃない。
 貫也って、いい人っぽく描いてはいるけど、相当悪いと思うんですよ。
 それなのに、この映画ではどこか貫也に対する視線が優しい気がするんです。
 そこが一番の違和感でした。

 結局、里子って、貫也の自転車の後ろに乗っているときが一番の幸せな時だったんじゃないかな、と思うんです。
 そして、里子の夢は貫也が夢を果たすことだったんだろう、と思うんです。

 それなのに夢を叶える象徴であったはずの、貫也にとって命と同じくらい大切だった包丁は他の女の家に行ってしまうんです。
 これだって、貫也はずるいんです。
 貫也だって、里子との間に温かい家庭を作ることができたはずなのに、すでにある温かい家庭に入り込んで居心地のよさそうな顔をしてる。
 夢はどこに行ったんだ!!∑(゚ロ゚〃)!!

 最後の、子供が探偵を刺して、でも、貫也が刺したことにして…という流れも疑問がありました。
 子供が刺したことをなかったことにして良かったのか、っていう疑問もあります。
 それに、貫也が最後にウソをついて、子供の身代わりになって、という流れ自体も、なんとなく周りからそういう風に見えてしまう環境になってしまったんで、その流れに乗っただけのように見えて仕方がないんですよね。そこは、あくまで貫也の意思で、違う方法で罪を償う、という流れでも良かったんじゃないかな、と思います。
 その上、最後の最後まで里子のことを考えなかったのか、と。
 やっぱり貫也は貫也でしかなくて、好きになれませんでした。

 最後の里子の表情が、何を意味するのか、残念ながら僕には読み取ることができませんでした。
 最後の最後まで感情を押し殺さなきゃいいのに。
 せめて、最後だけでも里子の本当の気持ちを表現してくれれば、映画中ずっと里子の気持ちを理解しようとギリギリしてた僕も、ちょっとは気持ちが楽になれたかもしれないのになあ…と思うんです。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ごえじ

Author:ごえじ
 はじめまして、ごえじと申します。
 詳しくないんですけど、日々観てる映画を忘れないように、映画のことをうっすらと書いていきます。
 あと、山とかボードゲームとか。
 宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
twitter
Steamカード
Steam ID
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
メールフォーム
ご意見・ご感想はこちらからよろしくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
2084位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
781位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。