2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福万山
福万山(大分県、1235.9m)
2012.8.25 湯布院スポーツセンター⇒福万山登山口⇒山頂(下りも同じ道)

 ひっさしぶりに山登りに行ってきました。
 ほんとは6月ごろに企画してたんですけどね、長引く梅雨やら、なかなか暇が取れないやらでようやく、といった感じです。

 今回は、湯布院の福万山。
 高速で湯布院ICでおりてすぐの湯布院スポーツセンターに車を止めます。
 料金は、300円。
 スポーツセンターの受付で入山届と料金を支払い、スタートです。(9:07)

福万山1

 まずは、来た道をもどり、スポーツセンターを出て、右側に登っていきます。
 車道沿いをちょっと歩いて行くと、福万山の入口に到着です。

福万山2

 ここからはしばらく草原の中を歩いて行く感じ。
 粘土質の地面で、ちょっと歩きにくい。

 しばらくいくと、変電所のよこに登山口。(9:51)
 なんだかもうすでにだいぶ歩いている気がしますが、ようやくのスタートです(;´▽`A``。

福万山3

 ここからは樹林帯。
 ひたすらてくてくてくてくてくてく・・・。

福万山4

 てくてくてくてくてくてくてく・・・。
 杉を植林しているっぽいところになると、ちょっと道がわかりづらくなってきますが、注意していけば、そんなに迷うほどではないです。
 それにしても延々とのぼりが続くなぁ…。

福万山5

 歩いていると、枯れ沢にぶつかります。(10:34)
 ここがわかりづらかったですねー。
 標識などもないし、道らしい道もないし。
 きょろきょろフラフラ道を探していると、枯れ沢を渡った先に白いテープを発見。
 どうやらその先から道がつながっているようです。
 ただ、まっすぐ行くにはつらそうなので、ちょっと迂回します。

 わかりづらいんで、まとめると。
 ①道なりに歩いていると枯れ沢にぶつかるので、そこを渡ります。
 ②道がつながる先の木に白いテープ(小さい)が巻いてるので、それを探して目標にする。
 ③わたりにくければ、少し迂回する。
 と言ったところでしょうか。

 福万山は、以前に登った倉木山と比べると標識が少ないですし、「あと○○メートル」といった表示もありませんし、ちょっとわかりにくい印象です。

福万山6

 なんとか枯れ沢をわたって、てくてくてくてく。
 だいぶ山頂に近付いてきた・・・かな。
 それにしても・・・のぼりが・・・つづきます・・・(ノ_-。)。

福万山7

 ようやくのぼりが落ち着いたー(゚m゚*)ウヒヒ。
 とおもったらこの景色。(11:17)
 写真の奥の方に写ってるのが山頂です。
 こんなに登ってきたのに、まだまだ登らせるのか・・・。

福万山8

 この後、尾根沿いをアップダウンを繰り返してようやく最後のひとやま。
 今度こそおわりにしてくれー∑(゚ロ゚〃)。

福万山9

 そして、ようやくようやく山頂。(11:39)
 ほんとにようやくつきましたー。ながかったー(ノд-。)。
 生憎の曇り空で周りの景色は全く見えませんでしたが、尾根沿いの景色が良かったのでまぁ良かったとしようー。

福万山10

 お待ちかねのお弁当!!
 やっぱり山頂でのお弁当は格別です。ウマイ(*^▽^*)。

 帰りは来た道をそのままもどり、スポーツセンター到着は13:38。
 上りは2時間半、下りは1時間半といったところかな。
 いやはや、今回は本当に疲れました!  


 ※※※おまけ※※※

 のぼってる途中に何の気なしにとった写真。

 ・・・それでは、ご覧頂こう。

福万山11

 ・・・おわかりいただけただろうか・・・。

 ・・・。
 ・・・・。
 ・・・・・血ぃっ∑(゚ロ゚〃)。



 お し ま い ヽ(*´∀`)ノエヘヘ。 
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

倉木山
 少し前の話ですが、倉木山に登ってきました。

倉木山(大分県、1160m)
2012.5.26 由布岳登山口⇒雨乞牧場⇒倉木山登山口⇒山麓コース分岐⇒山頂(下りは同じ道)

 今年のゴールデンウィーク中に、夫婦で初挑戦した登山(鶴見岳)。
 がっつりハマって、早くも2回目の登山に挑戦してみました。

 倉木山登山口付近にも駐車場があるようですが、せっかくなら少しでも長く歩こう…ってことで、由布岳登山口に車を止めてスタート。(8:00頃)
 由布岳登山をされる方がすでに何台か駐車していましたが、我々は由布岳を後目に倉木山を目指します。

倉木山1

 ちょっと歩くと左に登っていく道が。
 小さく「倉木山」登山道と描いたプレートがありました。

 ・・・この後、思ったより舗装路が続きます。
 早く土の道をあるきたいo(`ω´*)o。

倉木山2

 倉木山が遠くに見えます。
 登山口その1(?)

P1000020_convert_20120630021231.jpg

 そして、改めて倉木山登山口。
 写真の左に小さく「倉木山登山口」という標識が。
 ようやく「はじまるぞー」って気になります(゚ー゚*d)。

P1000022_convert_20120630020931.jpg

 少し歩くと、「山麓コース」と「急登コース」の分かれ道です。
 余裕で「山麓コース」(*^▽^*)ウハハ。

P1000074_convert_20120630021900.jpg

 特に危ない道はなく、歩きやすい道をひたすら歩き続けます。
 唯一、危ないなーと思ったのがココ。
 道が崩れちゃってますので要注意。

P1000035_convert_20120630021600.jpg

 頂上まで「あと10分」!!
 ・・・でも、ここから道が急になるんです。
 10分以上かかった気がするなーw

P1000045_convert_20120630022206.jpg

 もうすぐで山頂o(`ω´*)o。

P1000063_convert_20120630022558.jpg

 つきましたー。
 9:40 無事、登りきることができました!
 一度、さっきの写真の高いところまで登ったところから、少し降りたところに山頂(?)がありましたw

P1000064_convert_20120630022928.jpg

 由布岳もきれいに見えます。
 色んな花が咲いてるかな…と思ってたんですが、花にはあまり会えず…。
 でも、登りきった気持ちよさは格別ですね(*^▽^*)。
 お弁当もうまい!

P1000085_convert_20120630023127.jpg

 おまけに、帰りに見つけた花の写真です。
 うーん、何の花なのでしょう。
 きれいだから撮ってみました。

 結局、この日は、他の登山者の方と会ったのは登山口を出てから1組だけ。
 倉木山を二人占めでした(゚ー゚*d)。
 最初から最後まで歩きやすくって、自分のような初心者にはうってつけの山でした。
 …ただ、夏場から秋口にかけてはマムシが出るらしいので、要注意です。

 次は7月に入ってから、また初心者向けの山を見つけて登りたいと思います。
 作戦を練るのも楽しくてしょうがないです(*^▽^*)。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ごえじ

Author:ごえじ
 はじめまして、ごえじと申します。
 詳しくないんですけど、日々観てる映画を忘れないように、映画のことをうっすらと書いていきます。
 あと、山とかボードゲームとか。
 宜しくお願いします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
twitter
Steamカード
Steam ID
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
メールフォーム
ご意見・ご感想はこちらからよろしくお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1466位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
635位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。